PSVita FW3.68公開、HENkakuは?(4/14更新)

HENkaku対策? FW3.68公開(4/14更新)

少し前に3.67の新しい脆弱性が見つかったと情報が上がってからまた少し

VITAに3.68のアップデートが公開されました

アップデートの情報を見る限りテスト期間は約3週間。

なおこのアップデートに関してThe Flow氏Yifan Lu氏は

homebrew対策なのはもはや明らか、アップデートしないほうがいい
今後homebrewしたいなら…ハァ~

想定内のはずですが願ってないことなので肩を落としてそうですね(汗)

なおまだアップデートのほうが解析できてないようなのでまだ細かいことは

情報がありません、もうしばらく待ちましょう。

追記(4/11)

更新された部分が少し公開されました、3.67の時同様Twitterとカレンダーが更新された
とYifan Lu氏は言ってます。

あとPSNの認証キーが変更された可能性も高いと話が上がっています。

更新(4/14)

解析結果がでた模様、なお更新内容は3.67とほぼ変わらない模様

  • TLS 1.2のサポート(実は3.67の時点で実装されてた模様)
    なおTLS1.2のサポートによりgithubにまた繋げられるようになったはず
  • devkit向けのカーネルのバグの修正
  • ScePsp2CompatにIPv6が有効になっている場合の処理を追加

なおThe Flow氏はもう3.68にてHENkakuを実行済みであり

脆弱性が一般公開されれば即3.68でもHENkakuが誰でも可能になることを
思わせるような発言をしています、多分ほんとにできちゃう。

なおensoは3.65までが可能で3.67ではensoを発動するのに必要な部分が
修正されています。

もし仮に3.67~3.68のHENkakuが公開されてもensoが出来るかと言われると
微妙としか言えませんね…

下の購読ボタンを押すと更新時に通知がブラウザに届きます、ご活用ください。

プッシュ通知を

コメントを残す